« 12月の学習計画 | トップページ | 行動するー自己変容 »

2005年12月 5日 (月)

大英博物館はハイライトするお手本

P1000200 大英博物館に初めて行ったときのことをよく覚えています。

上手に、見せたい主役をみせつつ、脇役も見たい人にはわかるように配置しています。ですので、短時間で見て回りたい人には、それぞれの展示室のハイライトだけ、みてもらえば、なんとなく、みた気分になる、という仕組みです。

なるほど、と目からウロコがおちたような気分です。
このマインドは、サマリーレポートを上手につくるコツだとおもいます。

|

« 12月の学習計画 | トップページ | 行動するー自己変容 »

コメント

Blog開設されたんですね。
今後ともよろしくお願いします。

現在、「とりひめ」の幽霊部員と化しております。

理由①何故か、MLにメールができません。
問い合わせたところ、MLに登録したアドレス(bbb3850@yahoo.co.jp)と、私が使っているアドレスが違う(bbb3850@ybb.ne.jp)との事。
うーん,yahoo.co.jpしか使ってないんですが。

理由②チャット開始時間には私、寝ていますw

投稿: 熱血感動型 | 2005年12月 5日 (月) 07時48分

Ichiroさん。おはようございます。
やっとブログを立ち上げられましたね。
おめでとうございます。

私は教わる事の方が多いかと存じますが
今後とも宜しくお願い致します。

私もリンクさせて頂きました。。。。

投稿: ゴリラ | 2005年12月 5日 (月) 09時01分

>ゴリラさん

コメント感謝です。
こちらこそ、中小企業のRealityを教えていただいています。
勉強がんばりましょう。

投稿: Ichiro | 2005年12月 5日 (月) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157582/7472111

この記事へのトラックバック一覧です: 大英博物館はハイライトするお手本:

« 12月の学習計画 | トップページ | 行動するー自己変容 »