« 勉強会に対する取り組み | トップページ | TOEIC »

2005年12月 7日 (水)

私のロールモデル

私のロールモデルであられる「謙虚に生きるさん」にトラックバックします。昨年の12月に診断士試験は合格されている先輩です。

丁度、去年の6-7月ごろ、つまり、マーケットリサーチ部長に昇進してしばらくのころ、猛烈に忙しい時期がありました。そのときの受験生MLに投稿した私のメールを引用してくださっていました。

「<お仲間からの投稿 2004年7月ごろ>
かなり、仕事が忙しくなってきました。
いままで、忙しかったのは、今思うと、
忙しいつもりだったようです。
物理的に時間がなくなっていくというのは
ホンマ、きついです。
勉強するのを挫折しそうになることも度々です。
ですが、診断士のライセンスは、
今後の将来設計の大きなカギとなるので、
ここは、一つふんばっていきたいです。
昔、フットボールの大学の監督がこう語ってくれたのを思い出しました。
「結果にこだわってがんばるからこそ、その過程から学ぶことが多い」
合格という結果にこだわっていきたいです。

<ワタシの返答>
ワタシも、6月は仕事がすごく忙しくて、
全く学習できなかったため、少しまいっていました。
みんな忙しいんですよねw。
○○さんのコメントを読んで、同感しました。

・結果にこだわる
・仕事が忙しいを理由にしない

ワタシもふんばります。 」

2004年に関しては1次試験免除の権利がありましたが、物理的に勉強できる状態ではありませんでした。それでも、2次試験向けの勉強を粛々とはやっていました。

あのころがんばれたんですから、今も仕事キツイですが、がんばれそうです。
ちなみに、今は、プライマリーマーケットリサーチのマネージャー、サプライチェーンの需要サイドのマネージャー、マーケティングトレーニングコーディネーションと3つの仕事をやっています。つまり、リーダーの仕事、調整役の仕事、スペシャリストの3つですね。

この謙虚に生きるさんの合格者講演を今年のはじめにしっかりと、お伺いしました。

-基本的な2次テキストレベルの内容はカードをつくって覚える
-財務問題はパターンだから、自分で問題集をつくって慣れるまでやる。
-1日4事例やるのがアウトプット。1日1事例くらいではインプットである。

結局、今思えば、わかったつもりになって、習得にむけて定着にむけての努力がたらなかったと思います。別エントリーでコメントを頂いているように、具体的な計画を立てて、やりきって行きたいとおもいます。

|

« 勉強会に対する取り組み | トップページ | TOEIC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157582/7503540

この記事へのトラックバック一覧です: 私のロールモデル:

» 1テーマを連続して書く / アウトプット [徒然なるままに]
昨日のブログにも書いたことなんですが、この10日間「葛飾北斎」をテーマに、連続して書いてきました。毎日の空き時間にブログを書くわけなんですけど、テーマを北斎と決めてから、意識的に北斎について情報を収集するようになりました。そのなかで、いくつかの学びもあったのですが、今日は、アウトプットについて少々書いてみようと思います。 以前ならば興味があることについて、その時々に応じて関連書物などを読んだりするわけですが、... [続きを読む]

受信: 2005年12月 7日 (水) 08時51分

« 勉強会に対する取り組み | トップページ | TOEIC »