« 経営戦略策定ブラッシュアップ | トップページ | 知床半島に流氷接岸(共同通信) »

2006年1月22日 (日)

究極のプレゼンテーション

私は字の汚さでずいぶんと損をしています。特に不利益があるのは2次答案へ採点です。それで、今年は生まれて初めてペン習字をチマチマとやっています。まだひらがなです。

通信教育は3万円近くかかるので、ROIをかんがえてしまいました。今は下記の本と5mm方眼の学習帳 (5mm方眼罫・中心リーダー入で練習しています。

30日でみるみる上達ボールペン字練習帳    ブティック・ムック No. 547
岡田 崇花 (著)

2次試験の答案は手書きです。手書きが究極のプレゼンテーションになる、と再認識して取り組んでいます。 練習の成果を3月のTBC答案練習(アウトプット演習)でおめにかけたいです。

|

« 経営戦略策定ブラッシュアップ | トップページ | 知床半島に流氷接岸(共同通信) »

コメント

ichiroさん,こんばんわ。
コメントどもです。
以前診断士のある先生の受験のときの話を伺ったとき,その先生も字が汚いので悩んでいたそうなのですが,その先生は,ある対策を
1年かけて行ったそうです。
それは。。。思考スピードをあげること。ほかの人より10分早く考えられれば,字を丁寧にかけるとのこと。そのため,いろんなことをされてたようです。。。

投稿: shibajin | 2006年1月22日 (日) 21時40分

>shibajin -san,

コメントありがとうございます。
私の場合、急いで書いて、汚いのでなく、
根本的に字が下手なんですよ。

財務以外の2次事例を解いていて、時間が足らないことは無かったんです、、、。だから、始末が悪いわけです。 がんばります。

投稿: Ichiro | 2006年1月23日 (月) 01時41分

Ichiroさん。こんにちは。
私は前職で窓口業務の時、お客様から通帳の字が汚いとクレームを
頂いた事があります。
(十数年前は通帳へ行員が手書きしてました。)
その時、支店長から1ヶ月間のペン習字を言い渡され実行しました。
(大学ノート1日1P)
ですが、未だに字の汚さは誰にも引けを取りません。

自慢をしている場合か?>自分

1次をパスしてから頑張ります。。

投稿: ゴリラ | 2006年1月24日 (火) 16時30分

>ゴリラさん
コメントありがとうございます。

昨日は終電車に乗りながら、練習帖に書き込んでいました。ひらがなって、きれいに書くのはむずかしいです。

投稿: Ichiro | 2006年1月25日 (水) 20時52分

こんばんは、私も字が汚いのが悩みです。ミミズののたくった字とよく言われます。それなりに意識すればそこそこ読める字なのですが、焦った時などはかなり汚いです。どうしようかなぁ。

投稿: takeshi | 2006年1月26日 (木) 01時28分

>Takeshi-san,
コメントありがとうございます。

最近、私のしゃべる英語の欠点と書く日本語の欠点で共通点をみつけました。

1)細部にこだわらないので、みにくい、ききにくい
2)全体のイメージがないので、形のバランスやイントネーションが不明瞭
3)自分だけがわかったつもりになって、やたらと早口や早書きになって、他人には伝わらない。

細部、全体感、落ち着いてゆっくり、というのが、改善にむけての方向性です。

がんばりましょう。

投稿: Ichiro | 2006年1月26日 (木) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157582/8277484

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のプレゼンテーション:

« 経営戦略策定ブラッシュアップ | トップページ | 知床半島に流氷接岸(共同通信) »