« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

TOEIC 受けてきました

準備不足ながらも、TOEICを受けてきました。

5月から試験の形式が変わっています。主な変更点は以下のとおりです。

1)アメリカ式発音一辺倒から、イギリス、カナダ、オーストラリア、アメリカと発音が均等にはいる

2)誤文訂正問題がなくなり、長文穴埋めができた

3)2つの長文をベースにした読解問題が出題される

上記3つへの私の感想です。

1)の発音に関しては、「なんかきいてことある発音やねぇ」くらいしか、違いがわからなかったです。

2)誤文訂正がない分、スピードアップが実現できました。

3)意外ととくのに時間かかる。 最後4つの問題が長文2こセット問題でした。
最後のマークが終了の合図と同時でした、、。 
去年のスタイルなら10分あまりが常識でした、、。」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

難しい定量分析の途中経過は可能か?

難しい定量分析(因子分析)の途中経過は可能か? という命題があったとしましょう。

MBAホルダーのA君(アナリスト側)は「そんなの無駄ですよ。」
おなじく、MBAホルダーのUさん(プランナー側)「最終結果だけで良いですよ」と
そっけないです。

しかし、営業出身者のマーケティングシニアマネジメントや、営業上がりのマーケティング・プランナーからは、「Ichiroさん、途中経過も説明してくださいよ」との催促。

PrimaryResearchConsultantをしている私としては、影響力のつよい社内クライアントになびいてしまいます、、、。

結果的には、この命題に、私は「Yes」と応えてしまいました。

1時間半かけて、統計知識がほとんどない人でも結果が「イメージしやすい」ように、
グラフを使って報告メールを作成しました。
キーポイントは5つです。

1)結論ファーストでかく。手法は二の次。
2)分析、思考の順番は間引きながら、Stepを刻む。
3)ヘッドラインをサポートするグラフを1-2個だけつける。
4)スケジュール上での進捗状況を必ず記載する。
5)伝える内容は5つ以内にする。

送信したら,早速返信が帰ってきました。営業上がりのマーケティング・プランナーからです。

「Ichiroさん、
休みの日までご苦労様です。わかりやすく、よく理解できました。」

多分、診断士の仕事では、こんな統計処理は使うことは少ないでしょうが,クライアントにイメージを持ってもらうように報告する、というマインドは必要でしょうね。

勉強になった1日でした。さぁ、残りの報告書しあげようっと!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年11月22日 (水)

2次継続学習会と共同作業のコツ

大阪の、とある受験機関の主催で、2次継続学習会に参加しています。

今年の2次本試験の事例文をベースに、指導教官が社長役になって受講生からヒアリングをうけつけることで、補足情報をあたえて、経営改善提案書を作成するという、講座です。 実務補習の模擬みたいな感じです。指導教官の一人が先日の実務補習を受けられた方で、最新のやり方を教えてくれました。

6人を1グループによるグループ学習です。経営戦略、営業販売、仕入れ商品、国際化、情報化、人事と分担して、仕上げていきます。

私は経営戦略を担当することになり、ディスカッションリーダーをさせてもらっています。

まぁ、いろんな受験機関出身者で構成され、お仕事もバラバラです。MLで最後は、まとめていくのですが,約束の時刻までに、約束した以上のレベルの内容までアップする人がいるかと思えば,2回連続で、約束を守らん人もいます、、。ふーです。12月2日が最終報告書報告会の日ですので、そこまで、がんばります。
(おかげさまで、担当した事例の内容は暗記できています、、。他の事例もやんなきゃ、、)

先日来、ある提携会社さんと共同マーケティングの会議をしています。私はそこの提携会社さんの営業本部長と16年前に同じ担当病院をまわっていて、とても、濃い-ご指導を頂いてました。その方から、「二つの違う会社がうまくやろうとおもえば、次の3つのことにきぃーつけや。Ichiro君」
「 1)言葉の定義や概念を共通理解して、そろえる
  2)取り組む姿勢をちゃんと見せる
  3)コミュニケーションを取って親睦を深める。仲良くする。」でした。
その話をふと、思い出しました。

これは、実務補習でのグループ作業をうまくやるときに、使えそうです。
その前に、2次筆記試験の合格通知を頂くのが先ですね。

では、また

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

一喝

同い年の元部下さん(担当課長さん)と会社のメールでやりあっていたら、上司の白人に一喝されました。

私(専門部長)がしょうもないこといわんと、「12年の経験のある」者のいうことを聞きなさい、みたいなことを書くと

元部下さんは「また、12年のリサーチ経験はありませんが、1.5年のリサーチ経験+コンサル経験+MBAを元に、コメントさせていただきますと、」と応酬してきました。

>Reading this correspondence made me sick...Can't imagine what the others think!

>CVs don't mean shit unless you can start acting like professionals; ie it's not personal, it's business:   I've seen kids act more responsible. 

おっしゃる通り,経歴では、めしくえませんわな。 まさに、ガキのケンカと一緒です。

猛省しました。朝から上司の白人さん、顔を真っ赤にして激いかりしていました。

まだまだ、修行が足らんですね、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

今日は簿記デー

今日は、吹田商工会議所の最寄駅を通過して、三ノ宮オフィスに向かっていました。
今日は、日商簿記の検定日だったんですね。

阪急電車のなかで、簿記2級のテキストをご覧になっている人が一杯いました。目に付くのはカクテルパーティー効果でしょうか? 

船場勉強会でも、簿記2級学習されているそうです。
この間、東京でNancyさんも簿記2級のテキストで「利益の計算があわなーい」といいながら、何度も計算されていました。

財務会計の基礎はやはり、簿記、ですよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

今年最初の勉強会の参加

2006年のシーズンは通っていたTBC受験研究会の講座内グループディスカッション以外では、勉強会には、参加も開催もしていませんでした。

ひょんなことから、異端児さん、Nancyさん、ashikenさんに誘って頂いて、東京のActive勉強会に参加してきました。過去問をみなさんで、ときあいっこしていました。そこまでは
ふつーによくある勉強会です。シャープなashikenさんがすごい仕組みをさがしてこられました。
Geogle・GmailのサービスでDocs and Spreadsheets 機能を活用して、そこに協同して、
各設問ごとのフル解答をインプットしていくものです。Web上のスプレッドシートなので、数人が同時にアクセスしてもインプットしても全部反映されるという優れものです。
それを勉強会当日にA3にアウトプットして、参加者の解答を横串してみながら、議論されていました。いちいち紙を探さなくて良いので、頭脳の活性化への貢献は絶大でした。

メンバーの議論の中身もレベル高かったです。異端児さん以外はストレート生の方でしたが、それぞれ、ひかるものをお持ちで、大変参考になりました。異端児さんがディスカッションのリード役をとっておられて、Nancyさんが議論を活性化するように、適宜チャレンジをいれておられました。

私の学びは以下ののでした。

1)再定義というビックワードでまとめる前に、説明が必要
2)メリットデメリットはセットで解答に入れた方が説得力がでる。
3)設問間の統一感、全体最適が大事
4)基本テーマ、基本戦略の意識がないと、部分最適になることがある
5)ITの設計は、情報要素と、機能の仕様決定が大事。

次回は私の参加できそうな日程に、生産事例をするように、ご予定を変更していただいたそうです。生産事例が得意、というRareな受験生としては、なにかしらのご貢献ができるようにがんばりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

今年の流行色

Nさんの「今年の流行色」は2年前にきまる、にトラックバックです。

メンズウエアの2006年秋冬の流行色って、みなさん、ご存知ですか?

2006年秋冬JAFCAメンズウェアカラー

カラーテーマ
A Foggy Day フォギー・デイ - 霧深き日

霧に霞むようなエレガントでシックな色を

今シーズンの色の特徴
 アダルトはクールビズ、ウォームビズからの流れでノータイという新たなコーディネートスタイルに目覚め、ヤングの方はさらにきれいめコーディネート路線を進展させている。こうしたアダルト、ヤング共に高まるお洒落志向に対応したエレガントでシックな色として、グレー系を筆頭にしたニュートラルカラー(=モノトーン)とグレイッシュな(灰色みの)カラードニュートラル(=スモーキーカラー)の一群を提案。

カラーグループの特徴
1.City Mistシティ・ミスト?霧の町
 霧に霞むようなグレー系のニュートラルカラーとブルーみのカラードニュートラルで構成。この色域のニュートラルなベーシックカラーでは従来のベージュに代わって、よりシックでエレガントなライトグレー、ミディアムグレーが今後はトレンドとしては重要になる。さらにグレイッシュ(灰色みの)なブルーを加えている。
2.Urban Warmthアーバン・ウォームス?都会の温もり
 トレンドとしては継続提案になるウォームカラー(暖色)のブラウン系のグループだが、今季はブラウン系といえどもグレイッシュ(灰色み)なニュアンスがポイントになる。グループ中のアクセントカラーにはブラウンの反対色になるクールカラー(寒色)のブルー系から鮮やかなロイヤルブルーを選定。
3.Strange Townストレンジ・タウン?見知らぬ街
 再びニュートラル(色みのなさ)が重視されることから、ここでは限りなく黒に近いブラキッシュカラーとして黒に近いダークグリーン、ミッドナイトブルー(濃紺)、チャコールグレーを選定。グループ中のアクセントカラーとして少しキッチュな趣のバイオレット(青紫)を選定

JFCAというところで、2年後の流行色を決めているそうです。

ご参考までに秋冬のレディスの流行色は以下のものだそうです。

2006年秋冬JAFCAレディスウェアカラー
カラーテーマ
Aurasオーラ - 包まれて、きわだつ

オーラに包み込まれるような深みのあるニュアンスの色を

今シーズンの色の特徴
 オーラは人体から発せられる霊的な光の放射体の意味である。今季のレディスカラーでは女性の内面から放射されて女性を美しくきわだたせて見せてくれるオーラにイメージを求め、それぞれ異なるオーラの色を4つのグループに対応させた提案を行っている。各グループの色の中でも、オーラに包み込まれるような深みのあるニュアンスをたたえたスモーキーカラーが今季の注目色になる。

カラーグループの特徴
1.Graceful Redsグレイスフル・レッド?淑(しと)やかな赤系カラー
 今シーズン重要になる色相の一つがレッド(赤)系になるが、中でもワインやダークレッドのような深く暗い色調のレッド系が注目される。
2.Subtle Gray-nuanceサトル・グレイニュアンス?微妙なグレーニュアンス
 グレーの重要性を強調するグループで、前シーズンまでの人気色であるベージュ系の色もグレーのニュアンスを加えたグレージュと呼べるような色の方向性で提案している。
3.Mental Bluesメンタル・ブルー?精神的なブルー
 知的なクールさを訴求するブルー系バリエーションのグループ。グループ中ではやはり深みのあるブルーが注目色になる。
4.Vigorous Contrastヴィゴラス・コントラスト?元気のよいアクセントカラー
 一捻りされた差し色としてオレンジ、モスグリーン、イエローの3色を選定したアクセントカラーのグループ。グループ中の黒は、アクセントとしてだけではなく今季もベースカラーとしても引き続き重要になる。

明日の話のネタになれば、幸いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

歯医者はサービス業??

私がまた、通い始めた歯医者さんは、接客と技術が両立しているところです。

まるで、美容院の顧客満足判断基準みたいですが、この先生は両方できるから、すごいです。3年ぶりにみてもらったら、たくさん、虫歯ありました。毎週土曜日の午後に通うことになりそうです,,。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

医業経営コンサルタント認定試験ー合格

医業経営コンサルタント認定試験結果通知書が届きました。

試験結果:合格

でした。

次は認定論文を提出する必要があります。締切は平成19年1月31日です。

テーマは次のものから選ぶ必要があります。

1-社会体制としての課題

   1-1わが国の医療制度の課題と展望
   1-2医療関連サービスの進むべき方向

2-個別の課題、理論と実践

  2-1経営診断の業務
  2-2経営戦略の策定
  2-3経営管理への支援
  2-4地域に対する医療・介護福祉施設の整備計画
  2-5医療・介護福祉施設の建築計画
  2-6医療・介護福祉施設の設備計画

3 本年度のトピックス

  3-1医療・介護福祉施設における安全管理体制の構築支援
  3-2医療・介護制度の改革と対応

A4で10枚以内(表紙、目次除く)です。

また、2次試験発表終わってから,がんばります。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006年11月12日 (日)

オンライン勉強会のグランドルール

異端児さんに、私がやっていたオンライン勉強会で使っていたグランドルールが
使いやすい、とのコメントを頂いたので、下記に公開します。

オンライングループディスカッションのルールとしては以下に
注意していきましょう。

0)なんについてのコメントか、必ず記す(全体、設問、与件分析)
1)まず、かならず、長所をほめる
2)自分の答案との違いが何に起因するのかを述べる
3)改善点を3つまで提案する
4)質問は以下の5タイプのどれかを明示してする。

そうしないと、質問の意図がわからないと、こじれます。

A)自分の知識不足の恥を忍びつつ聞く「素朴な疑問」
B)自分のもつ前提条件と違うのかを聞く「確認の質問」
C)解答を書かれた根拠を聞く「因果の質問」
D)解答の方針や方向性を聞く「大筋の質問」
E)自分としては納得できない「チャレンジする質問」

なにか、感想がありましたら、コメントしてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

突然のオフ会

昨晩、異端児さんのお声がけで、突然のオフ会を開いてもらいました。

シャープなashiken, 聡明という表現がぴったりのNancyさん、私大好きなメーカーさんにおつとめのKさん、そして、有名な異端児さんの5名で、Tokioビルの中華料理店でこいー、ひと時をすごしました。

みなさまの、勉強に対する熱いお気持ちに触れて、パワーをいただいた気分です。

特別に来週の勉強会に参加させていただくお許しがでたので、過去問の事例2を解いてきます。

週に1度くらいは東京出張がしばらくありますので、また、よろしくお願いします。

Ichiro

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

Project TG/BG 10 

今日は,予定を変更して、毎月の定期検診を受けてきました。

空腹時血糖値は 93 (正常値60-110)←今回は朝の服薬なし状態です。

HbA1cは 5.3% と正常範囲内でした。(正常値4.8%-5.8%)←10月の検査結果です。

アクトス15mgが効いているようです。

体重は92kgとやや増えていました。前回は91.7kgでしたので、誤差範囲でしょうか、、?

ただ、ものすごくたべています。今回は忙しくて、グラフ作成が間に合わなかったです。

今日の担当の先生は1次試験前に「のど痛い」と訴えて受診したら,、「試験勉強中に眠くならないよう、鎮痛剤と抗生物質だけね」と処方してくれた感じのよい女医さんでした。
私の毎月作成していた日計の摂取カロリー数の棒グラフをみて、「こんなこと、毎回やっているの? すごいねぇー」と驚き誉めをしてくださいました。良い方ですね、、。

次回は必ず、作ってもっていきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

体調と体重Keepできるか?

10-11月は中小企業診断士2次本試験とサプライチェーン監査があったもんですから、カロリー摂取コントロールがかなり、おおざっぱになりました。

体重は今日計測して、92kgでした。約1kg増です。

体調は、忙しいのが続いたり、うっとおしい出張がつづくと、一発で身体がだるくなります。
検査値が正常にもどったのに、いつになったら、本調子になれるのでしょう、、。

今週金曜日は業界のマーケットリサーチの集まりがあり、提携会社さんを紹介するので、遅刻するわけにはいけません。病院のMedicalCheckを急遽、明日、いくことにしました。

まぁ、空腹時血糖と、HbA1cを検査してもらって、アクトスをもらうかどうか、だけなのですが、、。

まさか、この不完全な体調で、1次試験を突破して、2次試験受験まですすめて、検査値もAll Greenになり、体重が16kg近くも減量できるとは、夢にも思いませんでした。あとは、
2次筆記試験の合格発表が伴えば、最高ですね。

吉報を待ちたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

やっと口述対策スタートしました。

土曜日に大原さんの「2次解答解説会」と「口述対策セミナー」をDVD受講してきました。

行ってよかったです。各事例の方向性を聞いて、落ち着きました。

口述対策のコツもわかりました。白書はやっぱり大事ですね。

DVD視聴前に再現答案ライクなものを作成しました。メモ書き程度ですが、、。
それでみると、各事例で、いまひとつなところがみつかりまくりでした。

事例1では、子会社の強み、組織構造のデメリット(基本課題をベースにした答案じゃない)

事例2の無形資源(経験、ノウハウを中心にまとめていない)

事例3では、技術開発へのアドバイス(スピード重視と明確にかけていない、、)

事例4では、POSの説明(勉強不足、、。)

答案の出来としては、大原さんの2次模試のくらいでしょうか、、。
相対評価として、どれくらいのパーセンタイルにはいるかどうかです、、。

口述対策を始めると、TOEIC対策が逆にお留守です、、。両立したいのですが、、。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

サプライチェーン監査

私の4番目のプライオリティーの仕事がサプライチェーンの需要側の調整役です。
デマンドマネージャーという言い方を英語ではします。
その大事な仕事が毎年の社内監査で5点満点で4.5以上のスコアでパスすることです。今年もプロセス、コントロール結果とも、4.8以上をしめして、サプライチェーンの社内監査がようやく今日終了しました。

4.5以上のスコアでClassAとよばれます。今年もなんとか、ClassAということで、パスできました。

この準備のため、2次試験直後から、1日14時間労働状態になってしまいました。
これで、7年連続のClassA取得となりました。甲子園に連続出場しているくらいの値打ちなのですが、もう当たり前状態になっているのが、辛いです、、、。

監査担当官から、社内の主要メンバーに送ってもらうと、早速、日本のCFOからお祝いメールがきました。私の場合、ClassAで通るのを給料に織り込まれていますので、逆に、通らないケースになると、エライことになります。ですので、お祝いメールは「あ、そうですか、、」みたいな感動ですね、。とりあえず、ホッとしています。

ささ、これで、明日から、2次試験の口述準備にかかりましょう。

すでに準備を先行されているみなさん、追いつきますので、そのときは、よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

男の修行って、、。

旧海軍の山本五十六長官の有名な語録だそうです。

http://www.japan-fishing.com/navy/image/shugyo.jpg

苦しいこともあるだろう。言い度いこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣き度いこともあるだろう。これらをじっとこらえてゆくのが男の修行である。

仕事して、お金もらって、成長していくには、辛いことたくさんありますが、
がんばっていきましょう!

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んでこそ、値打ちありますもんね、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »