« 難しい定量分析の途中経過は可能か? | トップページ | Project TB/BG 11 »

2006年11月26日 (日)

TOEIC 受けてきました

準備不足ながらも、TOEICを受けてきました。

5月から試験の形式が変わっています。主な変更点は以下のとおりです。

1)アメリカ式発音一辺倒から、イギリス、カナダ、オーストラリア、アメリカと発音が均等にはいる

2)誤文訂正問題がなくなり、長文穴埋めができた

3)2つの長文をベースにした読解問題が出題される

上記3つへの私の感想です。

1)の発音に関しては、「なんかきいてことある発音やねぇ」くらいしか、違いがわからなかったです。

2)誤文訂正がない分、スピードアップが実現できました。

3)意外ととくのに時間かかる。 最後4つの問題が長文2こセット問題でした。
最後のマークが終了の合図と同時でした、、。 
去年のスタイルなら10分あまりが常識でした、、。」

|

« 難しい定量分析の途中経過は可能か? | トップページ | Project TB/BG 11 »

コメント

お疲れさまでした!
今回から内容が変わったのでしたっけ?
長文読解が盛り込まれたなんて、むしろ時代に逆行しているような。
なーんて500点レベルのわたしが、エラそうなことは言えませぬ。

投稿: sakura | 2006年11月27日 (月) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157582/12839757

この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC 受けてきました:

« 難しい定量分析の途中経過は可能か? | トップページ | Project TB/BG 11 »