« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

Project TG/BG 14

1ヶ月ぶりに行きつけの大和病院に行ってきました。

ざんねんながら、糖化ヘモグロビン(HbA1cが前月の5.4%から6.0%に0.6ポイントも悪化していました。正常値上限は5.8%ですので、0.2ポイントオーバーです。

体重は95.6kgと1kg以上増加していました。

幸い、空腹時血糖値が100でしたので、まだ、救われました。

悪化の原因は、医業経営コンサルタント論文審査用の論文執筆(A410枚で約9000字)と
年末年始の家族との会食や外食、東京ディズニーリゾート、1月の残業食のインパクト、
各種宴会や、オフ会のインパクトです。

なかなか、アクトスからは離脱できません。

こどもたちに「最近、たくさん食べるようになった」とクレームがあがってきたので、
これを機会に、ダイエットのタガを締め直します。

2次試験を受験した昨年10月には、体重が91.4kgで、HbA1cが5.1%、空腹時血糖が89 でした。当時は、まぁ、体調よかったです。 また、これくらいに絞り込んでいく必要があるでしょう。

今は、少し身体がまた、だるくなってきています。

2次勉強とダイエットを平行してがんばります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

2次試験まであと38週

今シーズンから通い始める 大原2次上級合格コースが本格的に開講しました。

2次オリエンテーションと、上級事例講義(組織)からスタートです。

以前通学していたTBCなら、講義はインプット講座なのですが、こちらは、組織事例の論点整理したあと、2次過去問をつかった演習と解説でした。かなり、実践的でした。
今日はみっちりとH15(焼肉屋の事例)をやってくれました。

2次過去問をみて、基本テーマや個別論点の読み取りをするように、指導してくれました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1655459 
Mixi上で2次オンライン学習会を展開していますので、手書き答案を 
http://ichiro2028.cocolog-nifty.com/ichiro1/2007/H15_Soshiki.PDF
こんな感じでアップして、自分のペースメーカーにしようと考えています。

一緒に頑張りたい方はご連絡ください。 Mixiの方は参加申請してください。

思ったより多くの受講生がいらっしゃいました。30名以上いらっしゃいました。これで、答案練習が始まると倍になるそうですから、今年の大原さんの受講生は多いです。
敬愛します黒ムーミン先生の人気でしょうか?

診断の虎勉強会や大河の会でご一緒させてもらっていますS本先輩にも1次試験以来でお目にかかれました。昨年11月の大原2次継続学習会のメンバーも多くいらっしゃいました。

気を引き締めて、2次合格への基本力が向上できるように、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

2次試験まであと39週

来週には、大原2次上級合格コースが開講します。

先週は、出張と、医業経営コンサルタント審査提出論文に取り掛かっていて、あまり勉強のペースやよろしくなかったです。

アクティブ勉強会でのH17事例1とH15事例3のみにとりかかっただけでした。
フル答案作成はできていなかったです。

目標は毎週過去問3事例ー事例基本テーマの把握と個別論点の把握、ドメインの設定をして、設問の問いかけとの比較をみて、与件文読み取り能力向上を自己演習することーです。今週も忙しいですが、すくなくとも、H18組織事例のチャレンジ・フル答案を仕上げます。

H18年の結果はABBA=Bでした。 コンサバにみて、あと20点アップ必要です。

道具はそろえました。B5の横書き原稿用紙罫と白紙がはいっている薄手ルーズリーフバインダーを買いました。いつもラッキーカラーのオレンジです。
http://www.e-maruman.co.jp/product/newproduct/new02-septcouleur.html

0105ph Sept Couleur F007 (セプト クルール)
315円(本体価格300円)
プラスチックバインダー(スリム)
内径9ミリ -09(オレンジ)

これなら、鞄に入れても邪魔になりません。 8mm方眼ノートとちがって、ルーズリーフなら、スキャナーでとりこみやすいです。  もう、言い訳Nothingです!

シャープペンシルはQE7 TUFF0.7(ぺんてる)を愛用しています。
べんきょうしやすい環境は揃えました。 あとは、自分のCapabilityを上げるために、習熟度をあげるだけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

1月にやりあげたいリスト

1月にやりあげたいリスト

1)再現フル答案をタイプアップする→Done on 1/7
2)H18年組織の解き直し答案を作る
3)アクティブ勉強会の週1回2次過去問1事例のペースについていって、骨子もしくはフル答案を共有シートにアップする
4)MMC通信答練コースの講義DVDを見る
5)大原2次オリエンテーションを必ずライブで出席する
6)体調管理として、週1-2回の運動をする。体重94kgの維持
7)医業経営コンサルタントの論文提出を1月30日までにする
8)2007年2次試験対策にむけての具体的課題を纏め上げる
9)2次学習に時間を確保するメンタリティーを確立する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

2次本試験まであと40週

10月21日が中小企業診断士の2次本試験日と想定すると、

1月14日現在で、あと40週です。

大計画としての学習計画は以下のイメージです。

Keyは5つです。

・2次過去問解き学習の習慣化し、ペースメーカーとして2次オンライン学習会の活用
(今年は2次過去問研究を最重要視にしていきます。)

・答案交換で他人のよさを謙虚に学ぶ。(いろんな機会を掴まえます。)

・基礎力を高めて、本試験にむけてピークをつくっていくイメージを持つ。
(途中の成績に一喜一憂せず、やるべき課題の解決や,つけるべき能力の習熟に集中し、与件読解力、題意把握力、答案作成力、1次知識力、対応力を積み上げていく。)
(この積み上げが合格への足らなかった20点弱を解消していく足がかりとなる)

・ムリのないペースでの学習で体調管理
(週1回以上のジムの時間を確保する)
(疲れたら,即座に休み、学習計画をWeeklyRollingで変更する。)
(無理が利かないのだから,意地を張らない。)

・予備校のカリキュラムへの便乗し、模試、答練の復習をきっちりやる
 (再度、見直したら、やはりよくできています。)

今年から通学することにした大原2次上級合格コースは1月23日or28日からスタートします。そこで、残り38週
→2月中に2次過去問毎週1事例は確実に解く習慣をつける。フル答案にする。

→→2月4日より、毎週手書き事例を2次オンライン学習会に投稿していく。

大原カリキュラムによると3月18日までが、2次過去問をつかった演習講義
(3月17or21日にMMC2次模試通信受験)ここまでで、残り31週

→ここまでに、過去問24事例の与件文から基本テーマ、個別論点を読み取り、
設問の問いかけと 符合しているかの自己学習を完了させる。
与件読み取り能力の習熟を目指す。
(毎週3事例以上を目標ーそのうち一つをフル答案)

→3月末までに1回目のMMC通信答練課題を必達で提出する
(基本答練四事例(2月末)、応用事例4事例(3月末))
2次オンライン学習会を活用して、MMC模試、答練の答案交換をする

基礎答練がおわるのが、4月8日、ここまでで残り28週
→大原答練のまちがったところの「解き直し」訓練を習慣化させる。

応用答練第1クールが終わるのが5月13日残り23週 (本試験レベル)
(5月6日LEC中間模試会場受験予定)

→GW終了までに、2次過去問流通事例、生産事例は合計12事例は一渡りやっておく。
→→ここまでに、過去問24事例の解答骨子と設問の題意、要求、どういうことをきいているのか、与件部分のどこが根拠かを、書き出す自己学習演習をすませる。
題意把握力の習熟を目指す。
(毎週3事例以上を目標ーそのうち一つをフル答案)

応用答練第2クールが終わるのが5月27日残り21週(本試験レベル)
(5月26日MMC2次模試ー通信受験微妙)

→5月末までに2回目のMMC通信答練課題を必達で提出する
(応用事例四事例と財務特訓事例3事例)
→応用答練終了前後に、大原の先生のカウセリングを受けて、方向修正する。

完成答練第1クールが終わるのが6月10日残り19週 (ややむずかしめレベル)
(6月3日大原第1回模試会場受験)
→模試前日までに、2次復習ノート 基礎、応用答練分11事例分仕上げる
→ピークを作る予行演習をする。
→この時点での、問題点を書き出し、課題を明確にし、
→中間模試返却時に、大原の先生のカウセリングを受けて、方向修正する。

2次オンライン学習会を活用して、MMC模試、答練の答案交換をする

完成答練第2クールが終わるのが7月15日。残り15週 (ややむずかしめレベル)

→のこり15週の計画を再構築する。
→2次復習ノート 完成答練+模試分14事例分+LEC、MMC模試分を7月中に仕上げる

解法テクニックの演習講義(アドバンテージ講義)が終了が7月29日。残り12週
→7月末までに3回目のMMC通信答練課題を必達で提出する
(本年度の予想事例四事例を提出)(自己学習二事例)

8月5日1次試験終了時残り11週までに、過去問24事例はフル答案作成済みにする。
→この時点では、与件読み取り力、題意把握力、答案作成力で1回目のピークを作る

→MMC直前対策通信答練に参加するか,どうかはこの時点の体調で判断する。
→MMC(8月スタート、予想問題8事例プラス模試8事例)に参加したら,TAC最終特訓には申し込まない。

大原答練がない7月16日から8月19日までの5週間で応用8事例、完成10事例、模試4事例の合計22事例の復習と、できなかったところの解き直しを必ずする。(平日どれかで1事例、土日で合計2-3事例ずつ以上を目標とし、積み残しはお盆休みにする)

8月12日終了時で残り10週 (LEC2次模試ー通信受験ー問題発送)
8月19日終了時で残り9週 (MMC2次模試ー通信受験予定)

→お盆休みを利用して、LEC2次模試(11日から15日)、MMC2次模試(16日から18日)の通信受験をする。必ず、1日四事例で実施する。
→お盆休みに積み残しの大原答練+模試の復習をする。

→8月24日までに、与件読み取り力、題意把握力、答案作成力、知識力で2回目のピークを作る
→LEC模試,MMC模試は完成答練までに出てきた課題の解消を目的として取り組む

8月26日終了時で残り8週 (8月25日 TBC模試会場受験、8月26日大原直前答練)

9月2日終了時で残り7週(8月27日、30日大原直前答練、9月1日TAC会場受験、9月2日大原模試会場受験 27日、30日は午後有給取得)
→会場受験、直前答練、最終答練は、60点の得点にこだわって、取り組む

9月9日終了時で残り6週(大原最終答練①②、LEC,TBC、大原、TACの模試復習、特に財務、生産)
→MMC模試返却、2次復習ノート作成、書き方を確認、2次試験申し込み完了、
メンタル&体調管理を重要視する。ほっとしない。

2次オンライン学習会を活用して、MMC模試、答練の答案交換をする

9月16日終了時で残り5週(大原最終答練③④、LEC,TBC、大原、TACの模試復習、特に財務、生産)
→TBC模試返却、2次復習ノート作成、試験委員対応を確認、Standings確認
→メンタル&体調管理を重要視する。成績に一喜一憂しない。

2次オンライン学習会を活用して、模試の答案交換をする

9月23日終了時で残り4週(2次過去問演習講義①②、MMC模試ー22日通信受験)
→大原模試返却、2次復習ノート作成、得点6割以上獲得を確認

→9月23日までに、与件読み取り力、題意把握力、答案作成力、知識力、対応力・執着力で3回目のピークを作る
→MMC模試は9月22日に必ず、1日四事例実施でやる。

9月30日終了時で残り3週((2次過去問演習講義③④、総まとめ講義①②)
→TAC模試返却、2次復習ノート作成。試験委員対応を確認、Standings確認
→MMC直前対策答練参加なら、セミファイナル締切

2次オンライン学習会を活用して、模試、答練の答案交換をする

10月7日終了時で残り2週(2次過去問解き、総まくり、土を必ず1日四事例の日にする)
→MMC模試返却、2次復習ノート作成、書き方と得点6割以上獲得を確認
→MMC直前対策答練参加なら、ファイナル締切

2次オンライン学習会を活用して、MMC模試、答練の答案交換をする

10月14日終了時で残り1週(2次過去問解き、総まくり、土を必ず1日四事例の日にする)

10月15日の週、18,19日と完全有給取得し、21日の2次本試験を迎える

→10月21日に、与件読み取り力、題意把握力、答案作成力、知識力、対応力・執着力、精神力で4回目のピークを作る

そして、12月7日に合格発表を迎える。 というイメージです。

さぁ、みなさん、合格に向かって一緒にがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »