« 職務経歴書ってどうすればいいのでしょう | トップページ | ハワイ島 »

2010年6月 9日 (水)

電話会議

昨日は、ハイエンドなマーケティングリサーチを米国で展開している弊社のプリンシパルが30分くれて、電話会議でした。 もっとも上司が出てきて10分間ほど彼が聞きたかったことを質問して経過してしまったので、実質は20分ほどでした。

まぁ、それくらい時間をとってくれないような偏屈系の忙しい人みたいです。

実際に電話越しにお話してみると、マーケティングリサーチをやっている人特有の「同士モード」満点の人で、いいおっちゃんでした。

このところ、インド系、パキスタン系の人たちの電話会議でわからなくてへこみまくっていたのですが、マーケットリサーチに関わってこの道16年の経験則は偉大でした。ホント、よう、わかります。 何を言っているかの類推が働くので、余裕をもってヒアリングに集中できるみたいですね。

とくに議論になって、彼の意見を聞けたのは、

「単なるKPIーKeyPerformanceIndicatorをトラッキングしても、今後、どうやっていいかわからないのではないか?」

「どうやったら、ブランドパフォーマンスを最大化できるような、阻害点やキードライバー、効いているプロモーションがわかるのか?」

国際電話代が十分ペイするほど、値打ちありました。 日本のお客様に、彼が展開しているPracticeを是非、ご紹介したいですね。

|

« 職務経歴書ってどうすればいいのでしょう | トップページ | ハワイ島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157582/48582392

この記事へのトラックバック一覧です: 電話会議:

« 職務経歴書ってどうすればいいのでしょう | トップページ | ハワイ島 »