« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月17日 (土)

シカゴでの研修

この4月に転職した外資系コンサルティングファームの新人研修 NewEmployeeOrientationで、シカゴに来ています。正確にはシカゴの北部のスコーキーというところです。

昨日はTokyoOfficeのスタッフ管理を手伝ってくれている日系人のマネージャーさんと一緒に研修に参加しているアメリカ人と3人で、エバンストンで、DeepDishChicagoPizzaを食べてきました。そのついでに、本社ビルや、憧れだったKelogビジネススクールの構内や、ミシガン湖のビーチもぶらぶらと日没前後、散歩してきました。

研修は英語きついですが、学びとネットワーキングに役立ちました。

若い人たちは見た目の英語のうまさで友達になろうとしていますが、ある程度以上のベテランになると、「この間社内報に載っていたIchiroか?」とか「MarketingResearchの経験とかPharma Industryに造詣が深いんだって?」「EyePorPharmaTokyoはどうだった?Boothを仕切っていたんだって?」とか言って、こちらのバックグラウンドを知って話しかけてくれます。

確かに中身勝負もいいのですが、ぱっと見や英語でも勝負できるように、もっと英語がんばります。ベルリッツで消化した34レッスン分は無駄には成っていませんでしたが、明らかに不十分なのはわかりました。ベルリッツレベルが最高13(Native)であるとしたら、13が前提です。 GlobalConferenceでなく、NorthAmericaMeetingなのです。私はまだレベル7(上級レベルの下のほう)ですから、要努力です。

先週の上司面談(といっても5分間ですが)で英語の能力アップをこの半年間の目標にいれてください、といわれました。がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

箱根のオーベルジョー

週末に、お誕生日会で、箱根のオーベルジョー・オーミラドーに行って来ました。
去年行って、よかったので、再度予約入れました。

お野菜中心のフランス料理は最高においしかったです。

それにあわせて白ワインはブルゴーニュの1999年の白のシャルドネを薦めてくれました。
デキャンタージュを勧めてくれて、すばらしい風合いで出してくれました。白でデキャンタするようなものを出してくれたのは初めてですね。 あらかじめ、予約の際に好みを電話でお願いしておいてよかったです。

赤はピノワールの1997年でケモノ臭はするが渋くなく、果実味がしっかりした物でした。

こういうものをお勧めしてくれるソムリエさん(藤江さん)がすばらしいです。

食後酒でのパビリオンのバーRikyuで、名人芸のマティーニ、マルガリータ、オリジナルカクテルを作ってくれました。 

イヤー、でよく飲みました。スターターのハウスシャンパンが2グラス@2100円、白ワインが11500円、赤が全部で4グラスで@1350円、バーで約10000円 一晩で3万円前後使った計算になります。 なかなか最高のお誕生会ですね。

7月初旬の箱根はアジサイがきれいですが、梅雨シーズンの為、ややシーズンオフらしいです。土日料金5000円追加して、夜のフルコースと朝のヘルシーメニュー付きで21000円は悪くないとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »