2012年10月14日 (日)

中小企業診断士2次試験の受験生の皆さん、がんばってください

今年の2次試験を受けられる皆さん、がんばってください。

準備は前の日の夕方5時まで、やれます。遣り残しをつぶしましょう。できれば、数日前から有給休暇をとって、心身のバランスを整えましょう。

前日の夕方からは、リラックスして早めに休んでください。当日は、試験開始3時間前には起床して、頭を起こしてください。

お勧めの栄養学的なツールは以下のものです。

1)ビタミンB1B6B12の複合剤

頭の神経の伝達スピードをあげてくれます。肩こりや腰痛を防いでくれます。

2)イチョウ葉(ギンコー)と、DHA

記憶を鮮明にしてくれます。

3)エレウテロコック(エゾウコギ)

これは朝鮮人参の上等なものですが、頭の回転や反射神経が通常の1.25倍になります。個人差はありますが、2倍近い反射をしめした人もいました。

これらを朝食前に1回、1時限終了後に1回、3時限が始まる前に1回、と3回服用されると、ちょうど、終了5時過ぎまで、頭の中の血中濃度はピーク時の半分以上を維持してくれると思います。

ドーピングではありませんのでご安心ください。 

もちろん、プラシーボ効果も大きいです。利く、効果がある、と念じて服用すると、文字通りの効果が8割の人に現れます。

ぜひ、お試しください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

こうも違うか、と思いました

今日は、大阪のお客様のところに、新しく移った会社のサービス概要の説明を1件、先日の提案書の結果お伺い1件、先月行ったサービス概要説明からでてきたフォローアップ1件、緊急のご依頼に対する弊社側対応回答1件をしてきました。

違うのは3つありました。

1)前の会社では、自分で資料をつくろうにもテンプレートや雛形や前例がまったく共有されていませんでした。それが共有されるので、自分で説明資料や提案書が作れます。

2)お客様から、すぐ、値段とスケジュールの入った提案書をつくってほしい、という依頼につながります

3)サービス内容のレベルが高度なので、自信をもってお客様にお勧めできます

Overallでみて、お客様の期待感が違うような印象を受けました。

こうも違うか、という感じがしました。

さて、来週は提案書作成のお仕事ができました。仕事ができてよかったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

中小企業診断士1次試験の受験生の皆さん、がんばってください

中小企業診断士1次試験の受験生の皆さん

今年も8月の最初の土日に開催される1次試験のシーズンがやってきました。

昨年、届かなかった方は残り科目の制覇をがんばってください。

残念ながら、昨年2次試験で涙をのんで再受験されている多年度受験生の皆さん、最後の1分まで集中力を切らさずに、復習してください。そして、試験が始まる瞬間には、必ず、20%の白紙の部分を作って、現場対応ができるようにしてください。

私が最初に合格した2003年の1次試験は、記憶中心から論理思考力テストの要素が大いにはいってきた年でした。たまたま、直前に、大学時代のアメリカンフットボール部の監督がいっていた「20%の白紙をもって本番に臨む」「葉隠にあるように、大事は軽く」を思い出したので、難しい試験もなんとか対応できました。おそらく実力以上の成績で、1次試験をクリアできました。

2008年の1次試験でも準備不足もいいところでした。試験のある週の木曜日が、コンサルティング案件の納品日でしたので、大阪からの帰りのグリーン車では、勉強どころでなく、爆睡しちゃいました。翌日の金曜日はさすがに有給休暇をとらせてもらいましたが、勉強時間は予備校の答案練習会を含めて100時間くらいでしょうか、、。大原模試では、中小がボロボロでした。直前の1日と初日終了後、ホント、よく勉強しました。
なんとか中小6割いきました、、。

大事な仲間で優秀で聡明な こばやん さんが 今年も再挑戦されます。
2008年の1次試験終了後、新宿の銀座ライオンでビール打ち上げをしました。今年もそれにあやかって、渋谷の銀座ラインでビール打ち上げを企画しました。みぞえもんさんは、西のほうの会場で試験監督をされて、そこから合流されます。私は、ベルリッツ渋谷で5レッスンの英語特訓後です。

みんなそれぞれ、神様が準備された場所で精一杯がんばっています。

いい結果になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月 7日 (月)

職務経歴書ってどうすればいいのでしょう

今度、コンサルティンググループを組もうとしているNさんが、いろいろと職務経歴書のフォーマットを検討してくれました。 

私は外資系コンサルティングファーム出身なので、つい、文章で書いてしまいました。

(引用開始)

2010年(平成22年)に中小企業診断士登録をし、現在、都内の営業・マーケティング・マーケッティングリサーチを専門とするアメリカ系コンサルティングファームに勤務している。コンサルティングビジネスに従事する前は、神戸の外資系製薬会社に21年勤務し、そのうち、17年をマーケティング部門で経験している.ビジネスキャリアのスタートは営業職(MR)から初め、トップセールスとして表彰後、マーケティング部門に転属。販売促進企画を経験後、マーケティングリサーチに転じ、製品戦略立案に関わるInsightや意思決定材料を提供し、戦略策定の指針決定に貢献し、同社で日本人初のグローバルアワードを受賞するトップアナリストであった。一方、市場調査結果を販売促進企画に活用し、製品寿命延命や新製品発売時の宣伝パンフレット開発とセールストーク確立に貢献するなど結果につながる理論と実践のバランスを持ち味としている。マーケティング・リサーチ部長に昇進後は、マーケティング・トレーニング・マネージャーとサプライチェーン・マネージャーを兼務しながら、同社の戦略策定フレームワーク、需要予測業務効率化テンプレート、市場調査を活用する製品戦略立案モデル、マーケティング人材コンピテンシーモデル、企業ブランド資産構築モデル等のマーケティング機能改善や業務品質改善活動に貢献し、同役職在任中はグローバルアワードを3回、社長賞を3回受賞し、世界トップの需要予測精度によりO.S.S.C.E. class A を認定されている。 

京都大学経済学部経営学科を卒業し、グロービスCBA6を取得している。また、認定登録 医業経営コンサルタント(登録番号第5492号)の資格を有し、2008年より2011年5月まで日本マーケティングリサーチ協会研修委員会委員長の職責を委嘱されている。

(引用終了)

これを

n職歴概要文章による表現
n携わったプロジェクトや案件箇条書き
n専門分野での得意分野箇条書き
n診断士としての得意分野箇条書き
n所有資格箇条書き

の形式に直さないといけません。

議論の焦点が、専門分野と診断士としての得意分野を分けるか、でした。

皆さん、どう思われますか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年6月 2日 (水)

新しいお仲間たち

MMCで出会ったNさんのお声がけで、一緒にコンサルティングサービスをやろう、というお仲間が集まりました。

新橋のTonSaiというワインビストロでした。スパークリング1杯、グラスで白1杯、赤3杯飲んで、タパスを7皿以上頼んで、一人5000円オールでした。Nさんがプラス3杯飲まれていたのはご愛嬌ですが、、。

その後、YebisuBarに場所を移して、2次会のみをしていました。

まぁ、いろいろと示唆に飛んだ会話がありました。

特に盛り上がったのは、中小企業のクライアント様から、以下にスムーズに財務諸表を見せてもらうか、その財務諸表が信用できるか、と言う話と、ベンチャービジネス的に始められたところが本当に儲かっているかを、財務諸表を見ないで、どうやって判断できるか、でした。

一緒におられたMさんは慎重派で、財務諸表をみないとわからない、と強硬に主張されていましたが、私は、現金有高の残高が増えているか、減っているかだけでも、十分じゃないか? と超おーざっぱな意見でした。

いい連携になれば、いいな、と思っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

English

新しい会社がほんまもんの外資系でしたので、英語が必要です。
情け容赦ないスピードで展開されていきます。

いちばんきついのが、学生が議論するような感じのカジュアルな英語でDevelopmentの仕事がなされていくことと、ミーティングで話し合われたニュアンスをうまく感じ取れないことでしょうか、、、。

それで、4月終わりからベルリッツに通い始めました。
10年前のレベル4から、レベル7にあがっていました。といっても、上級クラスの下ですが、、。
うわさにたがわない、いい教材といい教師陣です。
そして、こちらのニーズに合わせて、厳しくしつこく教えてくれます。

レベル9になれるようにがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

ようやく中小企業診断士登録達成

足掛け7年以上かかりましたが、4月28日付け官報に中小企業診断士登録が記載されました。

実務補習で尾鷲になった指導員の先生や、実績証明をくださった企業の経営者のみなさんのおかげです。4月より、アメリカ系コンサルティングファームに所属することになったので、3月中に登録のための実務補習と実績証明がとれて、よかったです。

5月より東京支部城南支会に所属することになりました。

さっそく、5月22日の城南支会新入会員歓迎会に参加していきます。

| | コメント (2)

2010年5月17日 (月)

残念でした。セミナーキャンセル

楽しみにしていた 

2010年度登録診断士向け(実践の経営コンサルのノウハウが学べる)

「経営診断の手順とそのポイント」研修

http://www.t-smeca.com/shibu_info/2010/03/2010.html

がキャンセルになってしまったそうです。

というのも、キャンセル通知が手元に届かず、当日の朝9時、中小企業会館にノコノコと出かけてしまいました。

通知メールは迷惑メールの奥底に埋もれていました、、。しらなんだ、、、という感じでした。

受信確認してほしかったですね、、。まぁ、仕方ないです。自己責任ですか、、。
誰も理解を確認してくれない厳しい社会ですね。一応、講習日の4日前に支部事務局に問い合わせしました。「お金は当日払いです。追ってメールで連絡がいきます」といわれたので、それから、メールをみていました。もちろん、迷惑メールボックスもね。その3日前に来ていたとは、漏れですか、、、。キツイですね。 これからは、前週に開講するかどうかを、支部事務局に必ず確認する習慣をもつことにしましょう。

講師の先生の「骨折」が原因で、6月末と7月初めに延期になったそうです。振替日はハワイ行った翌週に届くオーダーメイド壁面収納家具の納品日と、誕生日月恒例の箱根オーベルジョー・オー・ミラドーの宿泊日じゃないですか、、。 今回は延期となりました。

秋にもあるそうです。10月のアメリカ出張大丈夫かな、、。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

502教室のキックオフ参加してきました。

中小企業診断士受験生シーズンで7シーズン目にしてはじめて、有名な502教室キックオフミーティングに伺ってきました。 ホリケンさんからお誘いがあって、Nancyさんに紹介してもらって、参加できた次第です。

結構、上手な運営で構成されていて、スタッフの皆様のご努力が伺えました。

30枚以上の名刺交換させていただきました。よいご縁になれば、幸いです。

そのシーズンの2次試験合格者に金メダルを授与するシーンは感動的ですね。
残念ながら、私は申し込むが遅かった為か、呼ばれず、金メダルが回ってこなかったようです。

その日は家人と自由ヶ丘のルタンで、合格祝いをする約束でしたので、8時前においとましました。有名なオレユニさんのフラッシュムービーは見逃してしまいました。来年はゆっくりと拝見したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

中小企業診断士2次試験合格になりました

1月6日に口述試験結果が発表になり、無事、2次試験合格になりました。

いろんな皆様のご支援や激励にやっと、お応えすることができて、うれしく思いました。

昨晩、渋谷局にいって、2次試験合格証書を受け取ってきました。その場で開封して、ようやく合格できた実感が沸いてきて、年甲斐もなく涙目になってしまいました、、。

今を思えば、2002年の12月にTBC大阪校の中小企業診断士講座(1次2次対策)に通い始めて、足掛け7年かかりました。

受験歴は以下のものでした。

2003年 1次 ○  2次● (大阪会場ー大阪商大)
2004年        2次● (大阪会場ー大阪商大)
2005年 1次●(経営法務が39点で足きりにより)
2006年 1次○   2次● ABBA=B (大阪会場ー大阪商大)
2007年        2次● AABD=B (東京会場ーリバティタワー)
2008年 1次○   2次● BBBB=B (東京会場ー田町)
2009年        2次○ (東京会場ーリバティタワー)

2次試験は6回目でようやく合格になりました。

今思えば、なぜ、不合格が続いたのでしょうか? 

いくつかの要因があります。

1)過去問がいつもフォーカスする論点や問われ方の研究が甘かった
2)設問が問う題意への忠実さと与件文にあることをヒントした答案構成ではなかった
3)採点者に伝わりやすい様に、答案の切り口を明確にした書き方を意識していなかった
4)生産や財務での落ち着きがなかった。
(前職では、サプライチェーンマネージャーやシックスシグマをやっていたので、生産管理やQC活動関係は得意でした。また、マーケッティングリサーチマネージャーもしていたので、数字には強いはずでした。)
5)読みやすい字を書く能力に欠けていた。

これから、合格体験記にトライしてみます。

       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧